About Me

Manami Workman

広島生まれ、大阪育ち。2008年にアメリカに移住。
趣味はガーデニング、ジグソーパズル、エアリアルシルク。

私とエナジーヒーリングとの出会いはこんな感じでした。

元気が取り柄だった私は、ある日交通事故に遭い、それからは日常生活が痛みとの戦いとなりました。元の健康な状態に戻りたいと強く願う一方で、ネガティブな被害者意識から抜け出せず、長い間自分は体の不調を抱えながら生きていくしかないのだろうと感じていました。

そんなある日、偶然にも「エナジーヒーリング」について書かれたブログを見つけました。体の不調に効く!というざっくりした結論が、エナジーヒーリング自体よくわからないけれど、私を興味をそそりました。そして、そのヒーリングのコースが開催されることを知り、ヒーリングがよくわからなかったので問い合わせてみました。担当の方は親切に説明してくれましたが、それが何なのかまだよく理解できませんでした。

よくわからないにも関わらず、興味をかき立てられていたのでやってみたいと思い、幼児二人の子育て中で大変だったのですが、そのコースを受講することを決めました。クラスが始まって、やっぱりよくわからないなあと思うと同時に、学ぶ内容がとても面白く感じられました。

実のところは、私はこれを受講しても、もしかして何も変わらないかもしれないと心のどこかで思っていました。でも、先生の言葉を吸収していくうちに、ゆっくりですが、私はこの新しい概念や世界を理解し始めました。疑念は微かに残っていたけれど、毎日クラスを受けていく度に、ほんの少し自分の中に変化を感じていきました。

ある日ペアで練習した時に、何についてワークしたいか聞かれました。私はなぜか一番痛みがある箇所ではなくて、時々違和感を感じていた足の裏を選びました。思い返すと、どうせ治らないだろうと思ったので足の裏でいいか、くらいの感覚だったのでしょう。練習の後は座ったまま受講が続いたので、足の裏に変化が起こったかどうかはすぐにはわかりませんでした。クラスが終わって地下鉄に向かって歩いている途中に、ふと信じられないことに気付きました。足の裏に何も感じない、つまり、違和感も何もない普通の状態になっていたのです。身体中の痛みに慣れてしまって、足裏は「違和感」と思っていたけれど、それが実は痛みだったことに気づきました。足の裏に痛みを抱えていたと気づいた日が、皮肉にも練習セッションで痛みがなくなった日だったのです。

こんな練習セッションで十年も続いていた痛みがなくなったのだから、私の膝や足全部も治るかもしれないと思うと、なんとも言えない希望と解放感を感じました。長い間すっかり忘れていた喜びを感じ、何よりもほっとしました。その痛みが消えると同時に、被害者で可哀想な私という自分で作り上げたアイデンティティーが浮き彫りになり、変わりたいという前向きな気持ちも芽生えました。この新しい世界を学んだことで、私の生活や人生観は大きく変わりました。それ以来、エナジーヒーリングは私の情熱となりました。

Mission

私のミッションは、安心感と変容を提供し、人生の旅を軽やかにし、喜び、健康、そして無限の可能性を日常に織り込むサポートをすることです。

Credentials

2013年にインテグレーテッドヒーリング(Integrated Healing)プラクティショナー資格取得。2019年にレイキマスターとなり、クリスタルヒーリングプラクティショナー資格取得。2020年にタッチフォーヘルスレベルⅠ&Ⅱトレーニング修了。2021年にバイオフィールドチューニング受講し始める。2022年より継続して多次元キネシオロジーを受講しスキルと知識をアップデートしている。